ギャンブルの借金でも債務整理ができる!民事再生手続きとは

自己破産と違い、財産を維持したまま借金の元本を大幅に減らすことができます。減額後の借金を3年間で分割返済していくのが原則です。

マイホームなどの高額な財産を手放したくない場合に有効な手続きです。借金の総額が5,000万円を超える場合は利用できません。
自己破産と違い理由は問われないため、浪費やギャンブルが原因の場合も手続き可能です。

住宅ローンを減額することはできません。

債務者の範囲に制限がなく、個人だけでなく法人でも利用可能です。主に中小企業の再生に用いられます。

破産と違い、会社の再建を目的とした手続きです。借金の総額によって違いますが、借金が5分の1になると思っておいてください。
ただし、最低100万円は返済する必要があります。

ブラックリストに載るため、7年程度はローンなどが組めません。

安定した収入が必要です。アルバイトや年金による収入でも安定していれば問題ありません。フリーターの方でも利用できるということです。