借金の返済額を減らす任意整理とは?

法律に則った手続きではありません。裁判所を通さずに司法書士・弁護士が貸金業者と交渉します。取引の開始時までさかのぼり、上限金利に金利を引き下げて再計算します。そして原則として将来の金利をカットし、元本を3年程度で返済するという方法です。

負担が少なく、催促の電話も止まるため精神的なストレスも軽減されるでしょう。自己破産や個人再生のように、官報に掲載されることもありません。つまり、周囲の人たちに知られずに手続きができるということです。

デメリットとしては、新たな借り入れができなくなること。これはブラックリストに載ってしまうためで、5年程度借り入れができなくなります。
自己破産などとは違い、自動車のローンだけは任意整理しないでこれまで通り返済を続けるなどの選択も可能です。

3年程度で減額後の借金が返済できる、継続して収入が見込める方にとっては柔軟に債務整理できる優れた方法と言えるでしょう。

その代わり、民事再生などと比べ、返済額は多くなるのが一般的です。
お金を貸している側からすれば、自己破産されるとお金が回収できなくなるため、交渉に応じるしかないといった感じでしょうか。