財産を失う?自己破産したらどうなるの?

借金を無くすことにできるのが自己破産です。リセットボタン、つまりは返済しなくても良くなります。
財産は最低限必要な差押え禁止財産以外は失うことになります。現金なら99万円、預貯金なら20万円、車ならローンが終わっている資産価値20万円以下のもの、その他ひつような家財道具や家電は所持し続けることができます。

ただし、自己破産すると、弁護士や司法書士などのような専門職に一時的に就くことができなくなります。破産者名簿と官報に記載されます。

借金の原因が、浪費・賭博・射倖行為などの場合には適応されません。

連帯保証人がいる場合、取り立てはそちらへと移行するでしょう。そのため、連帯保証人も一緒に自己破産するケースも。
つまり自分が破産する場合、連帯保証人など他の人に迷惑がかかるということをしっかりと認識しておきましょう。連絡もせずにいきなり自己破産するようなことのないように。

逆に誰かの保証人になっている場合は、主債務者に連帯保証人変更の依頼が行く可能性があります。

よく誤解されがちですが、自己破産したからといって選挙権を失ったり、戸籍や住民票に掲載されるようなことはありません。
もちろん基本的に会社を解雇されることもありません。